アイベックの特製トリックアート

アイベック|トリックアートの仕組み

 

アイベック

 

 

 

トリックアートは、ヨーロッパで発祥した「トロンプ・ルイユ」とよばれる立体画法(だまし絵)が元だと言われています。

 

 

トリックアートは、そこに絵とわかっていながら立体的に見えるおもしろさや、絵に触れたり写真が撮れたり等、自分が絵に参加できるような新しいアイデアを加えて確立したニューアートです。

 

 

「遠近法」「陰影法」「前進色と後退色の組み合わせ」などのようなトリックアートの絵画テクニックを駆使して、照明の位置や影の形を計算しながら人の目の錯覚を利用して平面画を立体的に見せているのです。

 

 

つまり、トリックアートのどの作品も、人間の目の錯覚を利用しているという事です。